2012年03月26日

ステップ3-1

数式を作成および編集する
 
数式の参照先
数式を使ってデータの集計をする
小計を利用してデータを集計する
条件付き数式を使ってデータを集計する
数式を使ってデータを検索する
数式に条件付き論理を使う
数式を使って文字列の書式設定や編集を行う
数式を表示、印刷する

 今回からステップ3になります。
 だんだん表計算としての機能の確認になってきましたね

今回の動画の例は簡単な書式でのものですが、
実際の業務で作成された複雑な様式や集計であっても
今回のこの機能をご確認いただければ

なんとかなる! って思います


Mos 003-1.swf

posted by タッキー at 00:18| Comment(0) | Mos試験 Excel2007

2012年03月25日

ステップ2-4

データを作成、操作する
オートフィルでデータを入力する
データの信頼性を確保する
セルの内容と書式を編集する
ワークシートの表示を変更する
ワークシートを管理する
 

今回でステップ2が終了となります。
ワークシートの表示の変更及び管理についてです。


ワークシートの表示を変更する

 タグの表示や色を変更する

 ワークシートの表示・非表示の設定方法


ワークシートを管理する

 ワークシートを挿入または削除する
 
 ワークシートを移動またはコピーする
 
 新規ワークシートのシート数の設定

Mos 002-4.swf
posted by タッキー at 02:00| Comment(0) | Mos試験 Excel2007

2012年03月24日

ステップ2-3

データを作成、操作する
オートフィルでデータを入力する
データの信頼性を確保する
セルの内容と書式を編集する
ワークシートの表示を変更する
ワークシートを管理する
 
 
今日の内容は、いうもながって感じですよね
エクセル触ってる人は日常の操作になります。
それを文書で説明するとこんな感じです


編集モードでセルの内容を配置するには、次のいずれかを行います。
編集するデータを含むセルをダブルクリックします。
編集するデータを含むセルをクリックし、数式バー内をクリックします。

セルの内容の末尾に挿入ポイントを移動するには、セルをクリックし、F2キーを押します。

セルの内容を編集するには、次のいずれかの操作を行います。
文字は、BackSpaceキーを押し削除し、または選択し、DELETEを押します。
文字を挿入するには、挿入する場所をクリックし、新しい文字を入力します。
特定の文字を置換するには、置き換えたいところを選択し、新しい文字を入力します。
上書き入力モードをオンにするには、INSERTキーを押します。
上書き入力モードがオンになっている場合に注意してください。


セル内の特定の時点でテキストの新しい行を開始するには、改行したい場所をクリックし、Alt + Enter。
変更内容を入力するには、Enterキーを押します。
入力した内容でも、Enterキーを押す前に、Escキーを押すことによって変更を取り消すことができます。

Mos 002-3.swf
posted by タッキー at 00:59| Comment(0) | Mos試験 Excel2007